TA2OWeb.(たつおウェブドット)

iPhone 6なのにバッテリー消費が早かったり不具合が多いと感じた時の改善方法。

 


先日SoftBankのキャンペーンを使ってタダでiPhone6に機種変更しました。


iPhone6を店頭で受け取り、電車の中でウキウキしながら触りつつ家に帰ってバックアップから復元。壁紙も作り直して気分良くiPhone6ライフを送ってたのもつかの間、なんだかバッテリー消費が異常に早い

その時はiOS史上最低の仕上がりと酷評された8.0.1だったのでiOS8.1リリースまで我慢。そしてアップデート後も2週間様子見。しかしバッテリー消費スピードは早く感じる。これに関しては個人の感覚だけど、朝に100%で昼に60%は早すぎる

もちろんすでにあらゆる設定は見直し済み。というわけで新しい機体にも関わらず、どうもバッテリー気になるなぁって時に僕が見直した箇所と方法を書きたいと思います。

SPONSORED LINK


バッテリーの消費が早いと感じたらまず見直す項目

iOS7時にエントリーしましたが、iOS8にもう一度おさらいしたいと思います。


バックグランド更新をオフにする


「設定」→「一般」→「Appのバックグランド更新」

これがオンになっていると、iPhoneを使っていない時でも情報を収集するため起動しているのでバッテリーの減りが早くなります。僕は一括でオフ。

位置情報サービスを見直す


「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」

天気アプリや地図アプリなどは場所を迅速に特定するため「常に許可」にしておくとユーザーには優しいですが、バッテリーには決して優しくありません。

ここも「使用中のみ」にするなど個別に設定を見直すことをおすすめします。

自動ダウンロード

「設定」→「iTunes & App Store」

パソコンやiPhoneに詳しくない人はなんでもかんでもオフにすることに抵抗があるかもしれませんが、ここも全てオフで全く問題ありません。

自動ダウンロードがオンになっていると、裏で常に動き続けているため特にバッテリーの消耗が激しくなります。ここを全てオフにしても自分でアクセスすれば勝手にアップデート項目は出てくるので心配はいりません。安心してオフにしましょう。

設定を見直し→初期不良かバックアップかを判断する

上記の設定を見直しても改善が見れない場合は不具合がiPhoneの初期不良か、iOSか、バックアップかを判断することが必要になります。

iOSに関しては初期のバージョンは全く信用がないほど酷いので比較的わかりやすいかもしれませんが、初期不良かバックアップかというのがなかなかのクセモノ。

特にバックアップ不具合による症状は人それぞれ違うので、ググッても「え。俺だけ?」と孤独を感じてしまうことがあります。

バックアップに不具合があるかどうかを調べる方法

ではどうすればジャッジできるのか?実はとても簡単に調べれる方法があります。それは工場出荷状態に戻し、新しいiPhoneとして使用する。つまりバックアップから復元せずに使うだけです。

ただこれには色んなリスクがともないます。簡単に列挙すると
  1. 電話やメッセージの履歴が全てなくなる(着歴はともかくメッセージは痛い)
  2. LINEの履歴も全て消える(これも痛い)
  3. カメラロールから写真が消え失せる
  4. ユーザー辞書が全て消える(かなり痛い)
  5. もちろん全ての設定項目もリセットされる(面倒くさい)
  6. メールアドレスの設定などもリセットされる

まぁ、とにかく痛いこと尽くし。

今まで数限りなく新しいiPhoneとして設定し使ってきましたが、とにかく面倒なことが多いです。ただこれをすることで何が問題かがほぼほぼわかります。

もし新しいiPhoneとして設定しても不具合がない場合バックアップに問題があるという真実が見えます。その場合は復元はやめておいた方が良いでしょう。

もし新しいiPhoneとして設定しても同じ不具合が出る場合初期不良と見てよいので一度Genius Barを予約するか、最寄りのキャリアへ持っていくことをオススメします。

自分で確認せずにアップルストアに持って行ったとしても、スタッフさんに同じことを言われますので、手間を省く上でも症状が気になる場合は一度試してみてください。


ユーザー辞書に関しては、登録する努力を水の泡にしない方法をエントリーしてますので以下も参照してみてください。当ブログの人気記事でもあります。


iPhoneの初期不良の場合

過去、iPhoneの初期不良で僕があったのは
  1. カメラロールに写真が保存されない時がある
  2. 音楽を聴きながら電話に出ると、うっすら音楽がかかりながら人の声が聞こえる。(クラブに居るかのような)
  3. 画面が黄色い(いわゆる尿Phone)。時間がたっても色は変わらず
  4. 初期不良というか、本体に傷があった。

画面が黄色がかったiPhoneはそのまま使ってましたが、それ以外はGenius Barで本体交換してもらいました。ただ先日Genius Barに行って確認したところ最近はGenius Barに行った時に症状が確認できない場合は本体交換に至らない場合があるとのこと。

アップルストアに行ける距離の人は一度行って自分で聞くと色々教えてくれるので安心できます。ちなみにキャリアに持って行っても結局はアップルに送られて修理という形になります。

今回のマジで。TA2OWの場合
僕の場合はバックアップを捨て、新しいiPhoneとして設定し直すとバッテリー消費スピードは改善されました。しかも一定の外部アプリは画面や通知も微妙に変化しました。多分、しっかりとiOS8.1が反映されたのだと思います。

もちろん精密機械ゆえ、この方法が誰しも必ず当てはまるとは言えません。しかしバックアップによる不具合があるのは事実で、こいつが悪さをすることは結構多い。

しかしバッテリー消費にまで絡んでくるとは恐るべしバックアップ!消えて欲しくない必要なものは事前に
形を変えて(メールなどはスクショを撮るなどして)Evernoteなどの外部クラウドサービスへ預けるなど、色々工夫してみてくださいね!

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2015/12/02
       
SPONSORED LINK