TA2OWeb.(たつおウェブドット)

MacBook Airは4GBで十分!最小限スペックで常時フル稼働できるように実践していること5つ

 


MacBook Airを使い始めてかれこれ2週間と5日が経ちましたが 、ノンストレスでエンジョイAirしてます。机から机とか、机からソファとかのちょっとした移動も飛んでるかのようにスムーズ。

もちろんその間もばりばりアドビってます。

そんなマイMacBook Airは、13インチでメモリ4GBのストレージ128MBの最小限スペック。

正直、僕の使い方だとダイの大冒険よりも大冒険なスペックですが、ただの屍にならずにレベルアップ中。

そんな大冒険までしてなんで買ったかって、やっぱ安いのって正義じゃないですか。金があったってこのスペック買ってるんで俺。って証明するべく、イラレもフォトショもまとめて快適に使うために実践してる5つのことをご紹介したいと思います!

SPONSORED LINK


4GBはアプリ同時起動を制限する

ウェブブラウズやメールチェック、写真やiTunesでの音楽管理など、一般的な使い方をする分にはそこまで気を使う必要はありませんが、外部アプリ(ソフト)をインストールして編集やクリエイティブな作業をする場合は同時起動に気を付ける必要があります

ウィンドウをたくさん開けばそのアプリ分の容量は食らうし、作業を重ねていくとそのファイル自体も重くなり容量が圧迫して、読み込みが遅くなったり動きが鈍くなったりします。

それでもちゃんと意識して使えばイラレとフォトショぐらいなら4GBでも問題ない!ってかビビるほど普通に使えます。
以下はマイMacBook Airにインストールしている外部ソフトの一覧です。

  1. Microsoft Excel(50.3MB)
  2. Microsoft Word(61.5MB)
  3. Adobe Illustrator CS6(259.6MB)
  4. Adobe Photoshop CC(884.2MB)

Google Chromeなんかもけっこう重くて、こいつで315.3MBです。デフォルトのSafariで36.9MBですからウェイト感はなかなかです。

[Finder]→[アプリケーション]で各アプリの容量をチェックして、軽く頭の片隅に入れて使えたら完璧!

それでも気を使うのはAdobe系を筆頭にしたヘビーウェイトなアプリを使う場合のみで、普通に使う分には気にする必要はないほど快適に使えます。

ただiTunes聞きながら作業っていうのは結構重くなる要因です笑

アクセス権の修復をする

直接メモリに関係することではありませんが、アクセス権が破損したままになっているとアプリの挙動が悪くなったり、落ちやすくなったりします。

MacBook Airの不調がメモリ不足かメンテナンス不足かをはっきりさせるためにも2週間〜1ヶ月に1回ぐらいは[ディスクユーティリティ]→[アクセス権の修復]をして定期的なメンテナンスをしています。

こだわりのデータを厳選する

ストレージ128GBといっても実質の使用可能領域はだいたい120GBぐらい。なので音楽や写真などをありったけ詰め込むとあっという間にストレージ不足になります;(

僕はiMacを母艦にしてiPhoneのデータを同期させていて、音楽と動画は結構入れつつもMacBook Air内の写真はほぼゼロ。

一応サブマシン的な立ち位置で128GBをチョイスしたわけですが、母艦などがない場合でも、外付けHDDに預けるなどして管理すれば全く問題ありません

ただ、ストレージは多いに越したことはないので、MacBook Airで写真や音楽をガッツリ管理したい人ならストレージは256GBにするべきです。

クラウドサービスとのバランスを考える

外付けHDDにデータを預けたとしてもいちいち持ち出していては、軽さが売りのMacBook Airの魅力が半減してしまいます。

そんな時GoogleドライブやEvenote、Dropboxなどの無料で高機能なクラウドサービスがMacBook Airの強い味方となってくれます。

個人的にはファイルと編集用の写真を預けています。特にイラレのデータファイルは溜まっていくとなかなかの重さ。かといって、いつでも開けるようにしとくほどの必要性はないので、アクセスしたらすぐ見れるようにクラウドることも欠かせません。

OnyxやMagicanでクリーニングする

これもMac自体のメンテナンスになりますが定期的にやっておきたいところ。

例えば1Tのストレージと128GBのストレージとでは約8倍の差があるわけです。PCを使うだけで日々知らぬうちに積もりに積もっていく不要なログやキャッシュに対して、8倍とは言わずとも多少は気にしてやるとよりグッド!

Magicanは不要な言語も削除してくれたりとなかなかのネ申っぷりを発揮してくれます。なんでも削除すればいいってもんでもないですが、兎に角MacBook自体のメンテナンスの有無が最小限スペックに対してグイグイ影響をあたえてくるのでクリーニングアプリは必須です。

今回のマジで。エアめっちゃええやん
いかがでしたでしょうか?僕自身がイラレとフォトショを頻度に使うため、そこをテーマにしたエントリーになってしまいましたが、ちょっと意識するだけで4GBでも充分フル稼働できるマシンになります

デザイナーの友人の仕事っぷりを間近で見てたこともありますが、あのスピード感とデスクトップのファイル感は異常です。ショートカットの凄まじさを感じたのもこの時ですがとにかく異常。

あのスバ抜けた凄さに追いつくパフォーマンスをMacBook Airに求められると完全にアウトですが4GBは普通に使う分には充分過ぎるスペックですね。

ただガチで外部ソフトを使ったり、ガチで不安だなーと思う人は何かある度に「スペック上げときゃ良かった…」って思うと思うので、そんな人は8GBでメモリはそこそこあった方が絶対無難ですね:)

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2015/12/02
       
SPONSORED LINK