TA2OWeb.(たつおウェブドット)

Mac純正ディスクドライブ「USB SuperDrive」からディスクを取り出す方法

 


持ち出しがほんっっとに楽になりましたMacBook Airを買って。薄いし軽いし、パフォーマンスだって何の問題もありません。ただ一つのことを除けば。そうディスクドライブがないこと意外は。

これと引き換えに圧倒的な軽さと薄さの境地を手に入れたわけですから何の不満もありません。が、このご時世、いくらクラウド化の定着が進んでいるとはいえ、ディスクドライブが必要な時だってあります。

万が一のために、また、必要に迫られて別途ディスクドライブを購入された方も多いと思いますが、ディスクの取り出し方に「ん?」ってなった方おられませんか?

ディスクドライブ搭載のiMacやMacbook Proの場合、ディスクを取り出すボタンがちゃんとキーボードに備わってるんですが、MacBook Airにはそんなボタンはどこにも見当たりません。

もちろんディスクドライブ(機器)側の側面、正面、裏面、どこを見てもそんなボタンはありません。

ディスクを入れたはいいものの、MacBook Airの場合ディスクの取り出しにつまずく方もおられると思いますので、今回はいくつかご紹介します!



SPONSORED LINK

その一・ドラックアンドドロップ

Macの場合、外部機器を接続し、空のCDを入れるとこのようなポップアップが出てきます。

ここは気にせずにいつも「Finderを開く」でOKをおしています。するとデスクトップにアイコンが現れます。

もしアイコンが現れなかったらこちらの記事を参照してみてください。


取り出したい対象のアイコンをそのままゴミ箱の方へ持っていくとゴミ箱が矢印マークに変化します。これでCDが安全に取り出せます。

その二・メニューバーから取り出す

デスクトップにある取り出したいアイコンを選択した状態で
Finderのメニューバー→ファイル→取り出す

その三・右クリックで取り出す

取り出したい対象のアイコンの上で二本指でトラックパッドをクリック→ディスクを取り出す

その四・再起動or電源OFF

「おいマジかよ、ワカンねぇよ!」って方は取りあえず電源OFFってみてください。元気いっぱいCDが出てきてから電源がオチます笑


今回のマジで。純正高い。
データのやり取りって正直USBでじゅうぶん事足ります。でもUSBって行って来いしなきゃダメで、色んな人にまわされたりした日にゃ「おれのUSBぃドコッ!」って知らずに誰かに吸収合併されてるんですよね。

かといってそんなディスクドライブが必要な機会が頻繁にあるわけでないのに、Apple純正ディスクドライブが8200円は高いんじゃないの?って思います。ま、純正である必要はないのでお好きなディスクドライブをチョイスィングしてください。

今回ご紹介したディスクを取り出す方法は、Macにおいて外部機器を接続し、取り外す(接続解除)時の全ての場合に当てはまります。例えばバックアップを取るのに外部HDDを接続して、終わって接続解除する時とか。

USB経由で接続した機器を上記のやり方で取り出さずに無理くり外すと、たまーに機器に負荷がかかったりするのでMacユーザーの方は覚えておくと便利ですね:)

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2015/12/02
       
SPONSORED LINK