TA2OWeb.(たつおウェブドット)

先日タトゥーを腕に入れてきました。彫猿/東京 season 1

 


タトゥーは入れますが趣味ではありません。@itzTA2OWです。

今回は左腕に入れました。写真はまだ完成ではありませんが、当ブログには以前書いたタトゥーの記事に大変多くの方が訪問されています。


こちらの記事にも書きましたが、決して刺青を美化、斡旋してるわけではありません。どうせ入れるのならば参考になるようなアドバイスができたらいいなという記事です。ですのでseason 1と題して記録に残したいと思います!
SPONSORED LINK

身体に刻みたい想い


もしタトゥーをするなら全て彫猿さんに任せたい。そう決めている僕は、今回も彫猿さんに刺青を入れてもらうためだけに東京に行ってきました。友達にも会えて観光もできるし一石二鳥ですね(笑)

さて、少しだけ自分の話をさせてもらいますと、どうやら僕は辛いことがあった時に、その経験の温度や景色までを忘れたくないと痛烈に感じると刺青を入れたくなる衝動にかられるようです。

そして入れるべきか、自分なりの意味はあるのかと自問自答に時間をかけます。そして入れると決めたらタトゥーを施す場所を探します。その場所にもしっかりと意味がないと嫌なんですね。今回はサードタトゥーになりますが、ちゃんと時間をかけて考えて、刻みたい想いと向き合いました。

施術までの流れ

今回は入れたいデザインは決まっていて、1から彫猿さんにデザインしてもらいたかったので彫猿さんのホームページ(以下)からメールで問い合わせをしました。

HORIZARU TATTOO

www.horizaru.com


ご無沙汰していたので挨拶と入れたいデザインと希望日程をメール。何回かやりとりしたのちデザインが決定。その間でスケジュールの調整もあります。基本施術までのスケジュールやデザインの打ち合わせはメールで完結できるので遠方の方でも安心してやりとりができますね。

僕は彫猿さんに入れてもらうのは3回目ですからデザインの雰囲気や工程など事前にわかった上でやり取りができますが、ファーストタトゥーの方は彫師さんとのやり取りも初めてですから、気になる点や流れなどは遠慮せずこの時にしっかりと聞いときましょう。

またデザインも希望のものを伝えるのが難しかったり苦手な時は、入れたい雰囲気がわかるタトゥーの写真を添付したりして伝えるといいと思います。せっかく上がってきたデザインを大きく変更せず済みますので、お互いの納得点を早く見つけれる気がします。

しばらくしたら完成したデザインをメールで送ってくれます。細かい部分のデザインの修正は当日にもしてもらえるので、ここでしっかりとイメージを固めて当日を迎えるとより良い仕上がりになります。
(以上はすべて彫猿さんの場合)

彫猿さんはその人の雰囲気をくみ取ってデザインしてくれる

当日スタジオに到着すると色んな話をしてくれます。彫師さんに対して漢気やオラオラなイメージを持たれる方もいると思いますが(笑)彫猿さんは本当に気さくで話しやい方です。

質問にも彫猿さんの集約された歴史がつまった答えが返ってくるのでこちらも勉強になりますし、そういった何気ない話が緊張をほぐしてくれます。そんな過程を経てその人の雰囲気や人柄を感じ取ってくれ、デザインに少し変更が加わって完成。

デザイン推しというよりも、刺青を入れた時に違和感がなくていやらしくない、刻まれる人から醸し出ている雰囲気にハマる絵を描いてくれます。僕の場合は和過ぎず洋の要素も持っているということでアールヌーボー調のデザインに仕上げていただき、コンセプト変えることなく微調整。そして入れる箇所に合ったサイズバランスを確認して施術となります。

気になるアレとお値段


誰しもが、特にファーストタトゥーを入れる方ならなおさら気になる痛み…僕は痛みに弱いので正直めっちゃ痛かったです(笑)整体いってもギャーギャー騒ぎますから参考になりませんが(笑)

痛覚は人によって違うので一概に言えませんが、針刺されるわけですからね、痛いのは間違いありません!

料金は1時間1万5千円。僕のこのデザイン(筋彫り)は2時間だったので3万円です。season 2で色を入れますから完成までのトータルで6万円。痛みさることながらお金とも相談して何回かにわけて通うのがいいですね。僕は東京までの交通費のこともあるので極力回数は減らしたいなと思っています。

ちなみにこの筋彫りで2時間3万は妥当なのかと気になる方のために補足ですが、刺青を入れている人に話すと「2時間でこの繊細さとクオリティはすごいな」と口をそろえます。僕はタトゥーについて詳しくないのですが、周りの評価は本当に高く、本当にすごい人なんだなぁ〜と後から気付かされました。

彫猿さんのすごいとこ

デザインと人柄に惚れて彫猿さんと決めましたが、海外でも大人気の彫猿さん。そのすごいとこ列挙します。


1.丁寧かつスピードが速くクオリティが高い(短時間で広範囲のデザインが完成する)

2.出血がほぼない(針の往復がなく傷の深さも最小限で済む。まさに鍛錬の賜物)

3.出血がないからその日の晩からラップやワセリン抜きで過ごせる。かさぶたにもならない(これがすごい)


3が本当に驚きです。8年前はタトゥーにワセリンを塗ってラップを巻いていました。タトゥーの上にかさぶたも出来てポロポロよく落ちてました(笑)

彫猿さん曰く「この8年間何もしてこなかったわけじゃないんですよ〜(笑)」と。

カッコイイ!!!シビれるんですけど!!!

つまりかさぶたにならないってことは傷じゃないんですよね。だから仕上がってもその日から服にインクも付かないし出血もないからそのまま過ごせる。

最小限の針の侵入(インクが入る層は皮膚から0.7mm下だそうです)で確実にインクを入れ、かつ迅速に広範囲のデザインが完成する。1時間で1万5千円って大体の相場だと思うのですが、同じ1時間でも完成範囲もクオリティも違う。間違いなくプロです。すごいです。

今回のマジで。職人の技でアートに変貌
「どうでぇ、ヤベェだろ。」って刺青って人にそう誇るようなもんじゃないと思ってますが彫猿さんの「職人の技」は誇りたい。本当に名実共にファーストクラスタトゥーです。

特に今回は初めて目で見えるところに入れました。まじまじと見ても本当に綺麗です。早く色を入れて完成させたいなと思います。痛いのやだけど(汗

彫猿さんは海外へも多く出られていて、日本に居ても予約いっぱいです。僕は1カ月待ちでしたが、その間も色々と考えれますし、覚悟に当てる時間はじゅうぶんにあります。安心の彫師さんに納得のデザインで想いを形にしてもらえると素敵なアートとして一生付き合えると思っています:)

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2015/11/27
       
SPONSORED LINK