TA2OWeb.(たつおウェブドット)

鼻づまりを一発解消!風邪をひいた時の強い味方「ブリーズライト」!!

 

鼻がつまると何がツラいって、味がわからなくなることと寝苦しいこと。
食べてる最中に鼻をかんでみたり、寝る時枕を高くしてみたりと、試行錯誤するもののなかなか改善されない経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

そんな時はブリーズライト!僕も愛用しているこの商品が鼻づまり解消にうってつけなので紹介!

SPONSORED LINK


本来の使い方はイビキ解消アイテム!?

僕が一番最初に使ったシチュエーションは高校の剣道部時代。
当時のフレコミは「酸素の吸引量を増やし運動機能を向上させる」ことだったと記憶している。大会などでは周りを見渡すとほとんどの選手が付けているほどブームだった。

まさか時代は変わって、イビキ解消アイテムになっているとは思ってもみなかったが、鼻の骨が折れたままくっ付いていて、エブリディ右の穴がつまっている状態の僕は、このブリーズライトは日頃から手放せないアイテムだ。


豊富なカラーバリエーション!

当時はアスリート仕様だったため、エナメル系の発色のいい、黒、赤、青などの派手目なカラーが多かったが、現在はクリア(透明)、ベージュなどの女性に優しい目立たないカラーにグレードが上がっている。


その効力はいかほどか。

鼻づまりは鼻の内側の粘膜が炎症をおこし、肥大することによって鼻腔が狭くなって発生する。決して鼻水がつまっているのではない
このブリーズライトを使うことによって、炎症を起こした鼻腔が開くので鼻づまりはかなり解消できる!

使用方法はいたって簡単。下の写真のように鼻に貼るだけ。



青春時代の記憶から、ブリーズライトを付けているだけでアスリートのイメージがある僕は、上記の理由でブリーズライトを付けたまま出勤したり、踊ったりすることもある。

イビキ解消アイテムとしてブリーズライトデビューした人からすれば「この人イビキうるさいのかな」「外し忘れちゃってるよ」と思われているか定かではないが、鼻づまりによる鈍感になった味覚や寝苦しさが少しでも解消されるとあれば付けて損はない。


もちろん人や症状によっては付けてないよりマシなレベルかもしれない。しかし鼻腔が開くあの感覚は病みつきになるはず!

僕はあまりイビキをかかないそうなので、正直そっちサイドの効力がいかほどかわからないにしても、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか!


ってか当時の商品名なんだっけ・・・

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2014/08/24
       
SPONSORED LINK