TA2OWeb.(たつおウェブドット)

スニーカーの底を完全保護!「SOLE SHIELDS-ソールシールド」の使い方!

 


梅雨に入ってテンション低めの@itzTA2OWです!

手に入りやすいスニーカーだと2足買えば見て履いて楽しむことができますが、レアスニーカーだとそうはいきません。履いて楽しむか、飾って楽しむかのどちらかになると思います。

僕はレアスニーカーだろうが履いてナンボの精神なので、ローテーションの回数を減らして大事に履く派デス。鬼神経使いますが、履いた日にゃぁイキって街中グイグイですもんね。

ただ、どれだけ電車の立ち位置や時間帯に神経を使ったとしても、歩き方を意識したとしても、必ず訪れてしまう悪夢が「スニーカーの底減り


これは宿命


これが鬼辛い


宇宙空間なら底減りはないでしょうが、この青き地球で生活する以上、断固回避することはできない底減り。しかし時は21世紀。あるんですよね〜、底(ソール)を保護し、減りを軽減するアイテムが。その名もRESHOEVN8R SOLE SHIELDS


リシューブネイターからのラインナップ


その名もソールシールド


まんまやんって以外の感情は湧きません



ネーミングを裏切らないこの商品。その名の通りお気に入りのスニーカーのソールを保護してくれます。実は結構前から気にはなってたんですけど、スニーカーにそこまでせなアカンのかと思い、購入することなく今までスニーカーと向き合ってきました。レアスニーカーゆえの、ありのままの格好良さでイキたい美学があったので。

しかしYEEZY BOOST 350 V2は思った以上に底減りのスピードが速い。

重要なのでもう一回言いますね



YEEZY BOOST 350 V2は想定範囲外の底減りスピードなんです



これは個人的な感覚なのでなんとも言えないんですけど、ローテーションの回数が少なくなるのは必然なのにも関わらず、結構気になるレベルで底が減っています。

前置きが長くなりましたが、YEEZY BOOST系のみならず、レアスニーカーの宿命の一つである「底減り」と向き合うため、底を保護すべくスニーカーヘッズ必見のアイテムをゲット。


お値段3,758円

さぁ、本題にいきましょう。

SPONSORED LINK


SOLE SHIELDSの使い方

まずはこちらをご覧ください。



この動画が全てを物語ってますが、観ての通りこのSOLE SHIELDSさんはスニーカーの底全体を覆うことで、スニーカーの底減りのリスクを極力軽減しようぜ的なアイテムです。

なんともアメリカ的なアイティムですね!

そんなSOLE SHIELDSですが、気になってても今まで手を出さなかった唯一の理由が、映像でもわかるように密着後のソールのテカリなんですよね。

これがあまりにも生々しい。というか、個人的にこのテカリが「YEEZYを履いてるんだぜ」っていう美学的自己顕示欲に反する気しかしません。

もう少しマットであれば良かったんですけど、底減りの現実を目の当たりにした瞬間、すぐさま己の自己顕示欲的美学は捨ててソール保護優先に路線変更。

YEEZY BOOST 350 V2だけはお金を積む以外に簡単に手に入る手段はないのでそんなこと言ってられませんもんね、まじで。

結論からいくとYEEZY BOOST 350 V2バージョンのSOLE SHIELDS装着イメージがこちら。


いかがでしょう?

正直そこまで気にならないと思います。というか、底減りを気にせずこの母なる大地の地球を群雄闊歩できることを考えたらこのレベルは俄然オッケー!!

SOLE SHIELDS装着準備編

まずは前日にJASON MARKKを使って底を洗って汚れや小石などの詰まりをしっかり取り除きます。

1回目はこちら。


右が洗った後。左が洗う前です。残念ながらBOOST部分の汚れと黄ばみは何をしても落ちませんでした(泣

この写真を見てもらうと、透けて見えてくるかかと部分のBOOSTの白さの違いから、底減りの度合いもわかるかと思います。


YEEZY BOOST系はソールの形が特殊で、汚れは簡単に落ちてくれない上、汚れが目立ちやすい形状なので、さらに歯ブラシを使って細く洗っていきます。

すっかり綺麗になったのでしっかり乾燥。


寝る前に洗っておいて室内で乾燥させておくパターンが個人的には好きです。


SOLE SHIELDS装着実践編


SOLE SHIELDSを開封。中身はこんな感じで、一足分のスニーカーソールをシールドできるアイテムのみ入ってます。


アルコールペーパーなるものが同封されているので、しっかりと油分と汚れを取り除き、SOLE SHIELDSの定着率を上げましょう。


次にハサミで切るアタリを取るわけですが、注意すべきポイントとして、ソールシールドの裏紙側の方にスニーカーを乗せてアタリをとります

ツヤのある方が表。


サラサラした方が裏紙側です。


このサラサラした方にスニーカーを乗せて、動画であった通り、ソールにそわしてアタリを取っていきます。


ポイントとしては油性マジックで書くことをオススメします。僕は水性で書きましたが、案の定この裏紙は水性をはじきます。そうするとソールシールドを裏紙から剥がす時にマジックが手について、その手でスニーカーを触ったりするとマジックがスニーカーについてフ◯◯ク!と下品な感情が芽生えてしまうので注意してください。

底を保護する時に、本体を汚してしまったら元も子もないので、慣れない人は面倒でも油性マジックを探すか買うかした方がベターです。

アタリが取れたらハサミで切ります。

YEEZY BOOSTは普通のスニーカーと違いソールの角が丸みを帯びるので、どこまでソールシールドを巻き込むかによって切る範囲が変わってきます。

もちろん、多く巻き込んだ方が剥がれにくいというメリットがありますが、デメリットは横から見た時にテカリが見える点でしょうか。

僕は見た目を優先させたかったので、少しだけ巻き込む程度にしようと思い、アタリ通りにカットしました。多く巻き込みたい人はアタリよりも少し大きめにカットすれば良いと思います。


裏紙からソールシールドを剥がしてYEEZYの底に置きます。位置が決まったら指で定着させていきます。貼り直しは効くので落ち着いて位置を確かめてください。


後からわかったことですが、この時点で底の凸凹に指や爪をはわせて、しっかりソールシールドを密着させると仕上がりが綺麗になります



ソールの端まで巻き込めたら、ソールシールドにドライヤーを当てて素材を柔らかくしつつ、タオルなど柔らかい素材のものを使ってしっかりと凸凹に馴染ませます。


僕は仕事でカッティングなどを貼ることがあるので、この手の作業は慣れているのですが、一つ誤算だったのが、かなり熱を与えたわりにはソールの丸みに思ったよりも馴染まなかったこと

平面は問題ありませんが、きついアール面(丸みのある面)+ソールの凸凹が障害となった面の定着率は低かったです。もう少し定着するかと思いましたが、これはソールシールドを剥がしても、レアスニーカーの底に粘着が残らないことに重きを置いているんだろうと自己解釈。

ただこれも想定範囲内だったことと、写真のように個人的には気にならないレベルなので綺麗に仕上がったので全然オッケー!

最後に滑り止めシールを好きな形に切り、貼って完成です。



滑り止めシールを貼る位置は、自分がよく履くスニーカーの底を見て、すり減ってるところに貼れば良いかと思います。BOOSTの文字が隠れたのは残念ですが、歩く時のクセや重心は人それぞれなので、必ずしもここに貼らなければならいという場所はないと個人的には思いました。

ソールシールド装着後YEEZY BOOST 350 V2

あれだけ嫌がってたソールシールド装着後のYEEZYがこちら!







シルエット…

ぜんっぜん問題あらへんやん


今回のマジで。ソールシールド良き!
ここまで目立たないのであれば、最初からソールシールドで完全保護し、ソールとBOOSTを守っておくべきだったというのが正直な感想。

ソールシールド装着後一通り歩いてみましたが、BOOST特有のクッション性は若干ダウン気味なものの、グリップも効くし底減りや汚れを気にしないで歩けることの喜びには無敵感しかありません。

あとは耐久性が気になるところ。レアスニーカーの底を保護してくれるとはいえ、4000円は決して安い金額ではないので頻繁に張り替えるわけにはいきません。

個人的にはローテーションの中で半年持つかどうか、半年持ったとして粘着は残らないのか。また、完全に底をラップしたのと同等なので、呼吸ができないことによるソールへのダメージはないのか、なども気になります。

剥がれやすいタイミングや環境、期間なども含め、ローテーションの回数も意識的に調整をして検証してみたいと思います!

YEEZY BOOSTオーナーのみならず、履いてナンボ派のレアスニーカーオーナーには本当にオススメなよくできた商品です!


追記

2日間それぞれ合計2〜3時間程度、アスファルトメインで歩いた後の靴底です。




汚れてはいますが、擦れるどころか傷一つ付いていません。擦れたなと思った時はあったんですがソールシールドの名は伊達じゃないですね!端の際どい部分も浮いてくるかと思いましたが、歩くたびに圧着されるのか、意外にも問題ありません。

ただし、そもそもYEEZYは雨の日は履きませんが、雨の日はかなり危険だとは思います笑

若干気になったのは、歩くたびに可愛らしく「ピチッ、ピチッ」と少し音が鳴ること。これも底の減りを考えたら我慢できるレベルじゃないでしょうか笑




▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2017/06/09
       
SPONSORED LINK