TA2OWeb.(たつおウェブドット)

この発想はなかった!スニーカーにシューキーパーが今のトレンド。

 


スニーカーヘッズがフォローしているインスタのタイムラインでは、誰もが一度は見かけたことがあるであろうコレ

Follow @hypebeastkicks: Everyday basics. Photo: @rhmnoon

HYPEBEASTさん(@hypebeast)がシェアした投稿 –


Follow @hypebeastkicks: Can't choose. Photo: @hxlyflex

HYPEBEASTさん(@hypebeast)がシェアした投稿 –


その名もシューキーパー

普段は革靴などカジュアルな足元に使用されるシューキーパーですが、それと同じようにスニーカーもメンテナンスするのが粋な時代になりました。これが今のトレンド!!

今回はそんなシューキーパーをお届けします!

SPONSORED LINK

見た目だけじゃない。シューキーパーの特徴

ローカットやランニングシューズが流行りの昨今だからこそ、ストリートカルチャーを愛する僕らは目にするようになったであろうシューキーパー。


シューキーパーの役割は、どうしても出来てしまう歩きジワを伸ばすためのもの、形状維持で、カジュアルシーンでは昔から紳士に愛用されていたグッドアイテムです。

合皮のスニーカーならまだしも、ランニングシューズのように柔らかい(シワなどが比較的出来にくい)素材に使用する発想はなかったんですが、この辺りの粋な感じがさすが海外のスタイリスト。スニーカーですら上品に演出!

さらにシューキーパーの素材によっては脱臭効果もあるので、見た目だけの効果ではなく消耗品のイメージがあるスニーカーを、長く愛することのできるファッションアイテムの一つにしてくれます。

シューキーパーの色々

ネットで検索すると色んなシューキーパーが出てくると思います。ただ、スニーカーの素材やシューキーパーの種類によって使い分けたりしないとスニーカー本来の形を崩してしまうので注意が必要。

ここではオススメのシューキーパー3点とそれぞれのメリットをご紹介です!

木製シューキーパー

シューキーパーといえばこの形が真っ先に思い浮かぶんじゃないかってくらい定番のシューキーパーが木製です。


値段も平均2〜4,000円程度と決して安くはありませんが、一番のメリットは木製無垢材を活かした、調湿や脱臭効果、本体とバネの固さゆえの形状維持です。この手のタイプは履きジワを潔く伸ばしてくれます。

僕はこのタイプのシューキーパーが一番好きなのですが、バネの固さゆえにランニングシューズなど、繊維を編んだスニーカー系は伸びてしまう傾向があります。
実際YEEZY BOOSTはやはりギンギンに伸びてしまいそうだったので、シューキーパー自体をカスタム。穴の角度を開け直しつつ、バネを短くしました。



もともとYEEZYのサイジング自体が結構キツかったのですが、ちょうどいいサイズに伸びてくれたので良かったです笑
ただ、スニーカーのサイズがジャストの人はこの手のシューキーパーを使用する場合は注意が必要ですね。

オススメ:革靴/スニーカー類

IKEAシューキーパー

値段も安く、かつ最近グイグイキテるシューキーパーといえばイケア。文頭に載せたインスタにも使用されている、透明のシューキーパーです。


イケアのシューキーパーのメリットは、安いこととバネの伸縮が木製に比べてそこまで強くないこと。靴を痛めることなくシルエットをキープしてくれます。

デメリットとと言うほどではありませんが、強いて言うならプラスチック製のため、シューキーパーそのものに調湿や脱臭効果はありません。

オススメ:スニーカー類

木製スライド型

僕は単純にバネ式のやつの見た目が好きなので推してきましたが、シューキーパーといえばこのスライド型がド定番ですね!


このタイプは実は持っておらず、色々調べたんですがバネ式とメリット・デメリットはそこまで大差ないようですね。こちらも靴の素材によっては伸びるものもあるとのことです。

このタイプは革靴などに威力を発揮します。

オススメ:革靴類

マジでシューキーパーはアリ!!
レアスニーカーであっても履いて楽しむ派としてはシューキーパーは必須アイテム!

特に木製無垢材の調湿・脱臭効果は逸脱です。実際シューキーパーを使ってるYEEZYは1、2回履いて休ませるルーティンですが、他のものに比べて臭いもなく快適です。

僕の使い方ですが、木製タイプのシューキーパーを一時期バネを取り、つま先の木製部分だけを靴の中に入れておきました。こうすることでスニーカー自体を伸ばさずに調湿・脱臭することができます。



ちょっとことしたなんですが、この積み重ねでスニーカーの寿命が長くなることを考えると、一足分はあってもいいんじゃないでしょうか:)

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2017/10/11
       
▼こちらの記事もよく読まれています:)