TA2OWeb.(たつおウェブドット)

スマフォの保護フィルムの貼り方をプロがレクチャー!【気泡ゼロ】

 

slooProImg_20140106223208.jpg

どうもプロの@itzTA2OWです。

iPhone 5sのカメラの調子が悪かったので、AppleStore心斎橋のGenius Barへ行ってきました。

結果無料で本体交換→新品となり、iPhone 5sはAppleが回収。
ところがピッチシ気泡ゼロで貼っていた保護フィルムまでまさかの回収の儀。


新品の柔肌iPhoneに一刻も早く新しい保護服を着せてやりたい思いを胸に抱きつつ、AppleStoreを出て後輩と合流。
ラーメンを食べ、おしゃれマクドでコーヒーをシバきながら語り気付けば終電。

帰宅後すっかり忘れてた保護フィルムソッコー装着。

というわけで今回のエントリーは保護フィルムの上手な貼り方でっす!

SPONSORED LINK


PR: Amazonでスマフォ保護フィルム最大80%OFFのセール開催中!

レッツ保護フィルム!


準備するもの


  • 保護フィルム
  • セロハンテープ
  • しっかりと水を絞ったタオル

  • ▼今回使用したのはPOWER SUPPORT

    ▼POWER SUPPORTの中身

  • 保護フィルム×2枚
  • ダストリムーバー
  • クリーニングクロス

  • ダストリムーバーは弱粘(弱い粘着)シートで、貼ってはがすことでかなり細かいホコリや糸くずを取ってくれますが、全ての保護フィルムに入ってるわけではないので今回は使用しません。


    いざ。伝授!


    1・iPhoneの汚れを取ります

    ▼タオルで水拭き

    水拭きといってもスマフォは精密機械なので、イメージは手を洗って拭いた時より少し濡れたぐらいのタオルでしっかり汚れを拭き取ります。


    2・付属のクロスで画面を仕上げます

    ▼クリーニングクロス

    クロスが付属してなければメガネ拭きでも大丈夫です。

    水拭きして残った水分と油脂をしっかり拭き取ります。
    新しいクロスにもホコリがついているので、気になる人はクロスをはたいてから使用してください。

    ダストリムーバーが同封されている場合はこの時点の仕上げとして使います。
    クロスで拭くと微量の静電気が発生してホコリを吸着してしまうことがあるので、そのホコリをダストシートで取ります。


    3・セロハンをシートに貼ります

    ▼セロハン(これはメンディングテープ)

    ▼セロハンを2枚用意して

    ▼セロハンをシートに貼ります

    シートの対極端にセロハンを貼ります。
    粘着が強いと感じる場合はズボンなどにセロハンを一度貼って、粘着を弱めてから貼ってください。
    マスキングテープなどがあればセロハンよりもオススメ!


    4・本体にシートを貼ります

    ▼上下端のセロハンを持ってiPhoneにのせます

    iPhoneの場合の貼り方のコツは上部のセンサーあたり下部のホームボタンに気を配りつつ、縦のライン(iPhoneのフチ)で合わせるとキレイに貼れます。


    5・気泡を抜く

    ▼気泡が入ってます



    気泡が入っている場合は写真ように、中心○から矢印の方向に向って外側へ気泡を押し出すように抜いていきましょう。


    6・ホコリが入ってる場合

    今回の重要ポイントです。
    ダストリムーバーがない場合、目では確認しづらい細かなホコリがシートを貼ることで目立ったり、浮いて気泡ができることがあります。

    気になる方はここで再びセロハンを用意!

    今回のポイント

    イ・写真はわかりづらいかもしれませんが、最初に貼った端のセロハンでシートを持ち上げる。

    ロ・この時にホコリがiPhone本体かシートのどちらについているか見極める。

    ハ・セロハンの粘着を使って細かいホコリを取る。
    (写真はホコリがシート側に付いていたのでセロハンの粘着面が上になってます。)

    二・ホコリが気にならなくなるまで繰り返す。

    シートは性質上、貼るはがすを繰り返せますが、注意すべきは指で取ろうとしないこと!

    ここまでのプロセスで若干ワキ汗をかいてる場合、指先も汗をかいて指紋が付きやすい状態になっています!
    iPhone本体やシートに指紋が付くと厄介なのでセロハンの粘着を使って細かいホコリを取ってください。


    7・(再)クロスで気泡を抜く

    5と土曜、、浮かすことでできた気泡などをしっかりとクロスで空気抜きをしてください。


    8・完成です!

    ▼気泡なくキレイに貼れました!

    これで心置きなくiPhoneを弄り倒せます!


    POWER SUPPORTは高価だが価値あり

    iPhoneのサードパーティー商品を高品質で提供するPOWER SUPPORT社。
    同社はソフトウェアやインターネット関連技術の企画・開発・制作を行っている日本の企業。

    僕は3GSの時からPOWER SUPPORT製の保護フィルムを使っていて、その商品を手に取ればすぐにわかるほどの納得のいくクオリティでファンになった。

    iPhone用の保護フィルムは2枚入りで1枚あたり750円弱とまぁまぁお高いですが、2年間2枚で充分いけるほど丈夫で、高品質とあれば価値はある!

    シート自体の材質が強いので気泡も抜けやすく、かつキレイに貼れて傷も付きにくい。iPad miniにも貼っています。

    今回はPOWER SUPPORTのクリスタルフィルムを貼ったけど、アンチグレア(細かな凸凹が付いていてマットな感じですが、触り心地がサラサラで指紋が付きにくい)フィルムもあって女性にはアンチグレアがオススメ!

    今回もクリスタルとアンチグレアの両方を買いましたが、やっぱり写真がキレイに見えるクリスタルフィルムのチョイス率が高いです。


    今回のポイント

    3GS、4sの時もGenius Barでお世話になりましたが、その時は使っていた保護フィルムをそのままその場で貼り直してくれました。

    最近Genius Barは混むことが多くなったので方針が変わったのかな?

    何はともあれ、保護フィルムを貼ろうと思うと家で腰をすえなければならないデメリットがありますが、コツさえつかめば自分でも貼れるので、今までお店や人に頼んでいた方は一度試してみてはいかがでしょう!


    ▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
      2016/01/03
           
    SPONSORED LINK