TA2OWeb.(たつおウェブドット)

SoftBankで発売直後のiPhone7、iPhone7 Plusに機種変する方法

 


ついに発表されましたねーiPhone7!

3GSでiPhoneデビューを果たしてから、毎年新しいiPhoneが発売されるたびに機種変していた僕ですが、ぶっちゃけiPhone7は見送るつもりでした。

今使っているiPhone6s Plusが想像以上に使いやすい上、1年経ってもバッテリーの持ちがまだグンバツ。まだ使い続けてもいいかなーと思ってました珍しく。

しかしどんなもんかとアップルのホームページに見に行ったらやっぱダメですね。めっちゃ欲しくなってすぐ予約しちゃいました。iPhone7 Plus、カラーはもちろん、新色のジェットブラックを。

僕はキャリアがSoftBankなのでさっそく機種変について色々と調べたんですが、スペック比較や料金比較の記事はたくさんあっても、SonftBankの機種変に特化した記事がなかったので書いてみようと思います。

SoftBankユーザーの方でiPhone7、iPhone7Plusに機種変したい方は参考までにどうぞ!


SPONSORED LINK


SoftBankでiPhone7に機種変してみよう

iPhon7、iPhone7 Plusの予約はこちらから!


予約は簡単で1分もあればじゅうぶんです。「機種変更」を押してモデルとカラーを選択し、電話番号を入力するだけ!


予約完了するとSMSで予約内容が届けばオッケーです。


僕は予約したのが予約開始翌日だったので、多分発売日よりもはるかに到着は遅いと思われます。

機種変の強い味方といえば

SoftBankで新しい機種に変更するときの強い味方といえばタダで機種変更キャンペーン!

SoftBankユーザーの方ならご存知の方も多いはず。僕はこれで毎回新機種を手に入れさせてもらってます。

要約すると

まさに今使っている機種をSoftBankに買い取ってもらって、新しい機種代金から割り引いて購入する

というもの。

メリットは本体代金が割り引かれて比較的安い本体代金を分割、もしくは一括購入できること。デメリットは本体が手元に残らないこと。があげられます。

ちょっと前までならiPhoneを手元に残し、iPod touchとして使うのとかオツなものでしたが、今はその必要がないほどバッテリー持ちも良くなっています。

ただダンサーさんたちはポッケに携帯を入れイヤフォンで練習することもあったりして、iPhoneが汗でビッチャビチャになったりします。Bluetoothで飛ばせばいいんですけど、こういう使い方はする人以外は本体を下取りに出してもいいと思います。

買い替え時期は要検討

僕なんかは新しいiPhoneを一刻も早く手に入れたいがためにアップルストアに並ぶような人間です。なので今回も後先考えずオンラインで予約しました。

が、注意しなければならないのは割賦残金(分割購入した時の未払金)がある場合、もちろんのこと月々の支払いに引き継がれますので、一月の携帯料金は高くなります。(分割購入の場合)

なので個人的には以下に当てはまる人は、機種変は待ちの姿勢がダンゼンお得です。

・なにがなんでも今スグ欲しいわけではない
・買い替えたい気持ちはじゅうぶんあるが、今の機種が全然使えたりする
・iPhone7を買うなら新色のブラック系がいい

中にはiPhone 5Sや6を使ってて割賦残金がもうない、もしくはもう少しで支払い終わるなんて人も当然待ちの方がいいですよね。

というのも、例年通りであればおそらくSoftBankは10月あたりに、今使っている機種を下取りに出せば割賦残金が0円になるキャンペーンを打つはずです。
ただし購入してから10ヶ月以上使用してることが条件になると思います。

待ちの姿勢“でさらにいいと思われるのは、今回僕が予約した新色のジェットブラックや新しくリニューアルされたブラックは予約開始とともに一瞬にして在庫から蒸発。現在のお届け予定日でさえ10月に食い込んできてますし、この感じを見ると品薄状態は年内いっぱいは続くだろうと思われる点があります。

さらに日本ではあまり人気のなかったiPhoneのPlusシリーズも、iPhone7以降デュアルカメラがPlus限定で搭載されたことで、現状は7シリーズより品薄。そのうえ日本では待望だった防塵、耐水化された機体と、おサイフケータイ(Suicaなど)のApple Payの導入が、Androidユーザーからの流入に拍車をかけ、今まで以上に品薄状態は続くだろうと想定されます。


つまり、今予約したとしてもiPhone7が届くのは多分まだ先なので、いっそ割賦残金0円キャンペーン発動後に予約しても良いではないかと僕は考えます。

その場合の想定されるデメリットは、生産が追いつかず手元にゲットは下手すると来年…なんてことも考えられますが、急ぎでないのであれば個人的には待ちの姿勢が一番グッドでしょう。

さらに現予約受付分に対して初期ロット分が配達されることを考えると、よく安定と言われる第二、第三の製造ライン分が手元に届くわけですし、考え方によっては多少の安心も買えるのでお得感はより増しですよね。

余談ですが、雨の中並んで当日ゲットしたiPhone 4sは噂に名高い尿フォンでした。明らかに黄色いディスプレイで笑

今は大丈夫みたいですが、今までたくさんのアップル製品を使ってきましたが、いまだに初期ロットに関しては信用がない点も”待ちの姿勢”を推すポイントでもあります。

待ちの姿勢時の注意ポイント

上記のように待機すると「お安く買える」というユーザーライクなことがありますが、ただ待つうえでも注意も必要です。

過去に一度僕がやったことあるのが、液晶破壊です。落とした時はまさかと思いましたが…こうなると下取り価格に影響大です。iPhone7を機種変で購入予定の人はカバーをつけてでもお持ちのiPhoneを完全に死守してください!

もし手元にあるのが破壊Phoneだったら…

もし万が一破壊してしまった…、もしくはもう壊れちゃってるよ…という方でも安心のキャンペーンもありますよジャン!


値段は下がりますが、もしやっちゃったって人は諦めずキャンペーンに乗っかってiPhone7ゲットしちゃいましょう!

予約の場合の店舗受け取りor自宅受け取りについて

これも一概にどちらがいい、どちらが早いとはいえませんが、店舗受け取り取りの場合、お店で並ばなければならないの可能性もあるので、多忙な方は自宅受け取りをオススメします。

自宅受け取りで、かつ手元にあるiPhoneを下取りに出す場合、SIMカードの差し替えや、後日SoftBankから送られてくる箱にiPhoneをアクティベートして詰めて送るなど、忙しい人やiPhone触るのが苦手な人にはちょっとハードルが高い要素もあったりします。

やってみると簡単なことなんですが、もし不安な方がおられる場合は店舗受け取りにしてスタッフさんにしてもらうのが良いですね!

SoftBankは料金体系も大きくリニューアルされます。せっかく店舗に行くのなら、料金プランも見直すのもアリだと思います!

今回もマジでドキがムネムネです。
毎回ドキドキさせてくれる新型iPhoneですが、今回もたくさんの魅力と進化が詰まった機体になりました!

昔ほどのiPhone熱はありませんが、こうして毎日肌身離さず持ち歩き、使い、思い出を量産できるiPhoneは僕にとってやっぱりなくてはならないガジェットであることを再確認させてくれます。

なにも新しいものが全てという訳ではありませんが、カメラでたくさん娘の写真を撮りたい僕にとって、やっぱりデュアルカメラ搭載は最高です笑 そんな言い訳を用意しつつ、新しいiPhoneの到着を心待ちにしたいと思います:)

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2016/09/14
       
SPONSORED LINK