TA2OWeb.(たつおウェブドット)

9年間で7回引越しをした僕が、賃貸・不動産検索サイト「直談.com」をオススメできる理由

 


今月に引越しすべく物件を探しまくってる@itzTA2OWです。

いやマジで引越しの初期費用って高すぎると思いません?

いまだに礼金取ってるとことかあって。なんで入居して毎月家賃払うのにこっちが礼せなあかんねん!みたいなね。それでも敷礼0物件でさえ初期費用15万〜20万はザラですし。

よくわからん日本の不動産業界のシステムにイライラしながら頻繁に引越ししてきた僕ですが、偶然面白い不動産・賃貸物件検索サイトを発見!チョー感動の「直談.com(じかだん)」ご紹介いたします!


SPONSORED LINK

大家さんと直談判!

こちらの直談.comは大家さんと直接契約できるサイトで仲介手数料と礼金が節約できるとのこと。


何が嬉しいってもう初期費用が出ちゃってるこの透明感がハンパない。家を決めにいく時のあの独特のグレーゾーン感が全くない。これだけですげぇ納得できて家が決めれちゃう。

詳細見てもそれが正当な金額かよくわからん大金の初期費用。引越してもたまにある管理会社の強気な悪態。安いかどうかもわからん家賃。しかも不動産業界は書面に書かずとも口頭で契約が成立するようですよ。ほんまイミフ連発です。

とにかくナゾというか完全グレーゾーンなだけに納得できないことが多々ありましたが、直談.comはシンプルでとにかく気持ちがいいです。

搭載物件はまだ少ない…が!

搭載物件が少なく、まだ大きな広がりを見せてないようですが、今住んでるすぐ近くに搭載物件がありました。東大阪のこのエリアでピンポイントにあることにビックリしたんですが、これは今後期待大な予感です。知ってる人は知ってるんですね。

こんな大家さんが増えてきてこういう仕組みが広がって、不動産業界にイノベーションが起こることを願っています。本気で。これが健全スタイルだと思います。

カナダに住んでいる友人から聞きましたが、向こうは大家さんが面接をして貸すかどうかを決めるんだと。住む人の人格を見て大家さんが決めるから家賃もその場で決まるのだそう。だから部屋も好き勝手にカスタムしてもいいんだって。

もちろん地域によって違うんだろうけど、アメリカに住んでる友達はエージェントがいるって言ってたし、日本のガラパゴス感はこういったとこにも出てきてる。切実に消費者目線になってほしいです。

引越しマニアはこう感じた!

20代は約1年半ごとに引越ししてまして、結婚して住んだ今の家が一番長くて5年です。それまでは4tトラックを自分で運転して一往復で住む家財道具で生活してました。

当時はデザイナーズとかそういうこだわりではなく、マンションが古くてもとにかく部屋が広いとか、綺麗になるなら内装工事してもいいよとか(自分で施工)、新築に突然興味沸くとか、コインランドリー近いとか。

でもね、こだわって何回引越しても結局住めば都なわけですよ。月7万と月5万とではクオリティは当然違います。でもね、住んだら結局何も感じない。年間24万もの開きがあるのに。だったらその24万でちょっといい家具を買うとか、いい冷蔵庫や乾燥機付洗濯機買うとか、流行りの自転車買うとかね、そっちの方がだいぶ価値的。それにこだわった箇所ほど住むとどうでも良かったりします(笑)


さらに家賃が高いと「高いくせに」となりますが安いと「安いから仕方ない」という心理が働く。どっちが我慢できるかはその人次第にしても、直談.com(じかだん)だと賃料も比較的安い上、初期費用が安い。例えば初期費用で15万も浮けば余裕でダイソンのフィンなし扇風機買えますよ。

女性は地域柄やオートロックや住む階層など、身の安全の為にこだわる条件は男に比べていっぱいあります。なので街の賃貸業者に比べると圧倒的に弾数は減りますが、目を通す価値はあると思うので探してみてはいかがでしょう。
今回のマジで。メリットまみれやん!
大家をしてる先輩の家をリノベーションしに仕事で行ったりしてますし、わかるんですけどね。 大家さんなりの苦労とか管理費とか苦労とか色々。

自分が大家になったら見方も変わるんでしょうが、一般の人は見積もり出た瞬間にみんな思ってると思います。「え。引越しすんのにこんなかかんの?」って。

でも実際全てにおいて安くて契約できるので成約率が高く、このサイトへの搭載料金も低コストで済むので大家さんにとってもデメリットなし!そんな双方にメリットしかない嬉しいこと尽くしの直談.comさんは、着実に日増しに物件数も増えてきていますし、これから本当に目が離せません!

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2015/11/27
       
SPONSORED LINK