TA2OWeb.(たつおウェブドット)

明けましておめでとうございます!新年のご挨拶と抱負。

 


2016年は申(さる)年!そう、年男の@itzTA2OWです。あらためまして皆様、新年明けましておめでとうございます!

今年は仕事始めが早いということですが皆様はゆっくりと過ごせましたでしょうか?僕はというと例年にないほどの忘年会ラッシュで年始を迎えたのにも関わらず、新年会のお誘いは一切なくてなんだかゆったりと年始を過ごしており、年が明けた実感があんまりありません。

ダラダラするのもなんだし、12年に1度の年男ということもあって、ふと12年前を振り返ってみましたが色々あり過ぎて一瞬でやめました。しかし一瞬でしたが振り返ってみても、「めちゃくちゃ成長したなぁ自分」と思えます。24歳の頃の自分は目も当てられないほどの人間だったことを考えると、今の若い子はみんなしっかりしてるなぁと感心させてもらえました。

そういった若い世代の人たちと共闘していくことも大切ですが、この歳になると人生の先輩として背中を見せなければならないことも多々あります。「模範になる」ほどの大した人間ではありませんが、「行動に真価が問われる」ことを念頭においた今年の抱負をログに残し、新年のご挨拶とさせていただきたいと思います。

SPONSORED LINK

2016年は電光石火の如く行動で

仕事の面では今年の3月で独立して満2年になります。様々な角度から支えられてなんとか生きてこれました笑。2015年は新しい挑戦もさせていただき、その都度勉強。2016年はその経験も活かして、個人事業主として5月を目指し新規事業を立ち上げます。

今までの人生の中で間違いなく一番の勝負をかける今年。あらゆる未知の挑戦がこれでもかってほど待ち受けているであろう2016年を「飛躍の年」と銘打って走り抜けるにあたり、個人のテーマを「電光石火」と題しました。


これはそもそも申年に由来する事柄を取り入れたわけですが、自分自身が申年であることや、自分を取り巻く環境を変革するにあたり、自分が関わる環境が大きな節目であること社会や時代が大きな転換点であること。そしてそのための準備が去年できたことなど、様々な時のタイミングと身の回りの環境が不思議なほどマッチしてこの申年を迎えれた以上やらない理由は見つかりません。

このベストなタイミングをモノにして、向こう12年へ向けて磐石な土台を今年築くには何よりも信頼を築くスピード感が肝心。決意や想いを行動力へ移す刹那の瞬発力。一度動いたならば雷電の如く走り抜く。その勢いをも人に灯していきたい。去年、休眠打破すべく蓄えた力を、節々に電光石火の勢いで今年を勝ち飾りたいと決意しています。

申年の由来

申(さる)という漢字には色んな意味があります。
  1. 「申」の意味の一つは「伸びる・伸ばす」
  2. 「申」は「はっきり述べる」
  3. 「申」の漢字の成り立ちは、稲妻をかたどったものと言われている。雷の光が瞬時に伸びていく形から生まれた。

人を足せば「伸」という漢字

自分だけでなく、人を伸ばしていく。僕はこれを共に成長していくと捉えていきたいと思います。電光石火というと一人の全力のパフォーマンスというか、ワンマンなイメージがありますが、周りの人にも着火していくイメージ。そうしていい刺激を与え合っていくことで共々に成長したいと考えています。

どれだけ技量のある人でも、一人でこの広大な社会でできることは限られているし、今の環境やこれからの人生や事業が、僕一人で到達できる場所など大したことはありません。かといって始めから他力本願では成長はありません。自分でできることには全身全霊で。できないことは素直に頼る。そうすることでお互いが課題に気付き、他への想いも芽生えると思います。

想いを形にするために口も足も動かす

言葉だけでは人を魅了することはできませんし、過去の栄光だけでも人は付いてきません。やはり背中を見せたり、共に動く行動があってこそ大きな団結が生まれます。

ここで重要なことは「言いにくいことをはっきりと発言する」ということです。これは自分の成長だけでなく、周りの人の成長、会社の成長、ひいては社会全体の成長を促していく重要な点だと考えます。

突き詰めれば「対話」ということなんですが、この中に希望のすべてが詰まっていると確信しています。耳の痛いことでも成長と可能性を信じて発言する。いただいた言葉もしっかりと心で受け、希望を見出す対話と行動を一層心がけていきます。背中を見せることも大事、言葉も大事。このバランスを常に考え、行動し大きな団結で事業を開拓していきます。

ここぞ!で放つ瞬発力こそ命

莫大なエネルギーを一点に集中して解き放つ。出し惜しみはしない。この姿勢も勝負勘があればこそ活きてきます。日々人や社会に対してアンテナを張り巡らせて、キャッチしたら即行動し、行動の中で考える。そのための準備も怠らない。決して無謀や奇跡ではなく、堅実な準備と行動で一度動けば雷電の如く目標を形にします。

TA2OWeb.としての抱負


不定期更新にも関わらず、アクセス数は毎月上昇し、昨年末には4万PVを目前に控えて2016年を迎えることができました。ブログを始めてから今まで一度たりともPV数が下がったことがなく、皆様に本当に支えられていると日々感謝しております。

しかし2年以上ブログを続けていながら4万PV達成のペースはめちゃくちゃ遅い方ですよね。個人的にはもう少しエントリーペースを上げたいのですが、丁寧に書こうと思うとペースが遅くなるし気持ちが続きません笑。気持ちが乗った記事は執筆スピードも早く、結果としてアクセス数も高い。やっぱり気持ちは文面にも現れるのだなぁと勉強させてもらっています。

今年のブログ運営としての抱負は、FNF ink.という僕の会社の事業のこともアップしていきたいと思っています。そのために新年からトップページをカスタムし準備を始めました。

僕はあまり仕事も含めたプライベートのことはよほどではない限り記事に書かないようしていましたが、会社としては今年からメンバーも増やし事業拡大していくにあたり、ブログメディアの発信力はFNF ink.の存在を知っていただける機会になると捉え、今後はプライベートも含めたあらゆる側面から人の励みになるような記事や楽しさをシェアできるような記事を意識的にエントリーしていこうと思っています。

アドセンスなどの収益について

もちろんブログを運営している以上アドセンスなどの広告収入はあります。アマゾンの売り上げも含めた収益は月で約2万円くらいです。皆様のおかげで赤字運営ではありません笑。本当にありがとうございます。

使い道としては毎月1000円を、ユニセフを通して重度の栄養不良の子供たちの治療とワクチン調達のために募金させていただいております。収益が増えれば額面を増やし、今後も続けていくつもりです。

これはENJIさんが制作し、無償で提供され続けているStingerのおかげです。素人の僕がいっちょ前にブログ運営を続けれて、かつ収益があるのはSEOに特化したこのStingerがあるからです。


こういった人のためになる行動で自分も人も得をする。いわゆるWINWINの関係が成立する。であるならばこの恩恵を自分一人でストップするのではなくまた一歩広げていく。そうすればENJIさんの活動は子供たちを助ける行動におのずと昇華されていきます。

偽善でも慈善でもなんでもいいですが、人の想いを繋いでいくという行動原理を根本においた活動は今後も大切に続けていきたいと思います。

2016年を歴史に残る年に
ここまでの人生、びっくりするくらい色々とありました。これからも沢山経験するんだろうと思います。けれどとにかく楽しく!本当に一度きりの、唯一無二の人生ですから、自分にしか出来ない使命を果たすべく、出会ってくれた方々に感謝して、今年を転換期にすべく精進していきます!

苦労した人間が、夢を形にできたとしたら、色んな人に希望を与えれると思っています。そうなれるように、今年も頑張っていきます:)

長くなりましたが本年もTA2OWeb.を何卒よろしくお願いします。

FNF ink.代表
山本 達雄 aka TA2OW

▼シェアしてもらえるとめっちゃ嬉しいです:)
  2016/01/04
       
SPONSORED LINK